ダイエットをするには食べる順番も重要らしい

食べるのが大好きな無職男のGです。

おいしいものを見つけるのが趣味なので、自然に食べ歩きが趣味になってしまっています。

そんな中でも好きなのが、ラーメンなどなので、太ってしまう原因はまさにそこにあると思います。

ラーメン

おいしいおかずを見つけると、どうしても一緒にご飯が食べたくなってしまうんですよね。

そうなると、ついご飯を大盛りにしたり、おかわりをしたりしてしまって、ご飯をたくさん食べてしまうんです。

これではいけないとわかってはいるのですが、なかなかやめられません。

無職の上に太っていると、もう最悪な部類に入ってしまうと思うので、太っているのだけでも解消したいと思っていて、色々ダイエットについて研究をしています。

大好きなご飯やラーメンはいわゆる炭水化物と呼ばれるもので、これは太る原因になってしまっているんですよね。。。

炭水化物はダイエットをする人にとって天敵だと言われているみたいです。

なので、大好きなご飯やラーメンは極力食べないように心がける必要があると自覚はしています。

ご飯を食べるとしても、お茶碗に軽く1杯程度に抑えないといけないということはわかってはいるのですが、なかなか行動に移すことができません。

そんな自分にできることといったら、食べる時に工夫をすることなのかもしれないと思うようになりました。

食事をするときに食べる順番というのが実は大切なんだということを知りました。

食事をするときに、すぐにご飯に手がのびてしまう僕ですが、それではいけないそうです。

食事をするときには、まずは野菜から食べるのがいいそうです。

野菜を食べて満腹感を得るのが必要なようです。

そして、そのあとは、肉や魚などたんぱく質のものを食べて、最後に炭水化物であるご飯を食べるのが理想な食べ方のようです。

簡単にまとめてしまうと、炭水化物は最後に食べるというのが鉄則なようです。

炭水化物を最初の方に食べてしまうと、ついたくさん食べてしまうので、炭水化物を食べる前に野菜やおかずでお腹を満たしてから、ご飯をじっくりと食べるというのがコツなようです。

このようなことがわかったので、せめて食べる順番だけでも守ろうと思ってはいます。